大阪市阿倍野区の親知らずの抜歯や口腔外科治療の実績あるおおくぼ歯科医院(文の里)
HOME>院長ブログ

院長ブログ

8020運動

8020運動とは、満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことで、厚生労働省や日本歯科医師会により推進されています。
20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされています。

1999年に行われた第八回歯科疾患実態調査によると、
80歳での残存歯数は約8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%となりました。
2005年に行われた第九回歯科疾患実態調査においては、
80歳での残存歯数は約10本、80~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%と前回調査に比べ、
大幅に増加しました。

口腔衛生への関心の高まりを反映し、残存歯数、20本以上の残存歯を持つ者の割合共に増加してきてはいるが、まだ不十分な状態が続いています。

2008年度の8020運動で優秀賞を受賞された方に、
愛知県刈谷市に住む、当時84歳の男性がいます。
彼は28本、30歳代後半レベルの残存歯を維持しています。
普段から繊維質のものをたくさん食べ、食べ物をよく噛むことを意識しているようです。
食習慣が歯に与える影響は、やはり非常に大きいのです。



投稿者 おおくぼ歯科医院 (2010年5月 8日 13:46) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :