大阪市阿倍野区の親知らずの抜歯や口腔外科治療の実績あるおおくぼ歯科医院(文の里)
HOME>口腔外科

| 口腔外科 |

親知らずの抜歯

「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。(第三大臼歯、知歯とも言います)

親知らずは、生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。
横になった親知らず歯並びを悪くする原因にもなりかねません。症状がなくてもなるべく、若いうちの抜歯を勧めます。

歯茎の中に、完全に潜っている場合、その存在を気付いていないことがあります。そういう場合でも手前の歯への悪影響は同じですので、抜いた覚えのない人はレントゲンを撮りましょう。
親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。

親知らずを抜く場合(抜歯)には、生えてから出来るだけ早い方が良いとも言われております。
(20歳前後が最適)
その理由は以下の通りです。

  1. 虫歯や歯周病になってからでは遅いため。
  2. 虫歯や歯周病になってからだと、麻酔が効きにくくなる場合があるため
  3. 若い時の方が、親知らずを抜いた後の骨の回復が良いため
  4. 抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがあるため

このような事態にならない為にも、一度当院にご相談頂ければと思います。
当院では、外科処置を得意としていますので、抜歯の経験も非常に豊富です。
安心してお任せください。
親知らずは、本当に頻度の高い口腔外科処置ですが、一般歯科では、扱っていない医院も多いです。

おおくぼ歯科医院 大阪府阿倍野区文の里1丁目8-28 文の里ロイヤルハイツ1階 Tel.06-6622-4567