大阪市阿倍野区の親知らずの抜歯や口腔外科治療の実績あるおおくぼ歯科医院(文の里)
HOME>インプラント

インプラント

インプラントとは
インプラント

歯がない状態に、人工の歯を埋め込む治療法。
歯を失ってしまった、抜けてしまった部分など、歯がない状態に、人工の歯を埋め込む治療を指します。 新しい歯を歯茎に埋めることは痛いや、怖いなどの不安があることと思います。
しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉であり、医学の世界において、整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。歯科においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

インプラントのメリット

これまで歯がないところは、ブリッジや義歯によって補うことが一般的でした。しかし、清掃性が悪く支台となる歯に負担のかかるブリッジや、安定性が悪く噛み心地も天然の歯に比べると格段に落ちてしまう義歯は、いわゆる「歯をなくした代償」として使用されてきたといえます。
そこに救世主として現れたのがインプラントという手法です。インプラントは、人工の歯根を埋め込むことによって、違和感もなく自分の歯のように使えるとともに、残った健康な歯に負担をかけることもなくなりました。そんなインプラントのメリットを挙げてみます。

  1. 噛み合わせが安定し変わることがない
  2. 残った歯が少なくても複数のインプラントを埋没することによって噛み合わせを天然の歯と同じ程度回復できる
  3. 違和感がなく自分の歯と同程度の機能や審美性を回復できる
  4. 噛むことで骨が刺激され吸収を防止できる
  5. 適切な手入れや観察を続けることで長く使うことができる

噛み合わせを天然歯と同じように回復することは、全身の健康にも有効であるとされています。
噛み合わせの異常が原因となって全身に様々な症状が起こることがわかっており、「噛み合わせ症候群」ともいわれています。インプラントによって噛み合わせを回復することで、このような状態を解消することが可能です。
また、歯周病が引き金となって起こる心疾患や脳血管疾患、その他の全身疾患も予防することができるともいわれていることから、インプラントのメリットは口腔内だけに留まらないといえます。

インプラント治療の流れ
インプラント
  1. 治療に関してのカウンセリングを行います。
    どのように進めていくかしっかりと説明したうえで治療に進みますのでわからないことがあれば何でも結構ですのでご質問下さい。
  2. 伝達麻酔や局所麻酔によって、埋入予定部位に麻酔をします。
  3. 歯肉を切開し、歯槽骨に専用のドリルで穴を開けてインプラント本体を挿入します。この際、長さや太さを骨の状態から計算し、もっとも適切なサイズのインプラントを埋入します。
  4. インプラントの頭の部分を露出させた状態で歯肉を縫合します。
  5. 消毒や経過観察を行いながら、骨がインプラントの歯根部であるフィクスチャーと結合するまで待ちます。その期間はおよそ2週間~3ヶ月とされますが、一般的に上顎の方が、時間がかかるといわれています。
  6. 骨が結合したら露出させておいたインプラントの頭の部分にアバットメントとよばれる支台となる部分を装着します。それをコアとして、クラウンなどの最終的な人工歯を被せます。

以前は、埋入したインプラントを歯肉の中に埋めておく2回法とよばれる方法がよいとされ、一般的に行われていました。
しかし、現在では外科処置の回数が1回ですむ1回法が主流で行われています。これによって手術時間や負担も軽減され、インプラントがより身近に行えるようになりました。

おおくぼ歯科医院 大阪府阿倍野区文の里1丁目8-28 文の里ロイヤルハイツ1階 Tel.06-6622-4567